SIPOTEX シポテックス 伊東産業

有限会社 伊東産業
ITO SANGYO CO.,LTD
TEL:053-474-3148
FAX:053-474-3150

熱量計算と炭酸ガス削減量計算

  • 面積5000m2で高さ7mの工場を5℃下げる為のエネルギー計算

    熱量計算

    基 本 式

    熱 量=比熱×密度×体積×温度差Δt

    空気の比熱(定圧比熱)

    0.241cal/g・℃

    空気の密度

    ρ[kg/m3]=1.293/(1+0.00367t[℃])で表される


    シポテックスクール工法で室温が約32℃前後で落ち着くので
    ρ[kg/m3]=1.293/(1+0.00367×32℃)≒1.157kg/m3

    必要な熱量Qは

    0.241cal/g・℃
    ×1.157kg/m3
    ×5000m2×7m
    ×5℃
    48800kcal

    比熱

    密度体積温度差

    5℃下げるには48800kcal必要だということが分かる

  • 熱量を電力量に変換

    1kwh=3,600,000J  1cal≒4.1819Jだから


    1kwh=(3,600,000÷4.1819)cal≒860kcalとなるので


    熱量48800kcalを電力量(kwh)に換算すると


    48800kcal=(48800÷860)kwh≒56.744kwh


    5℃下げるには56.744kwを1時間消費することが分かる

  • ある工場での温度測定値(実測値)のグラフを見ると

    室温が平均で約5℃下がっていることが分かる

温度測定値(実測値)
計算を単純化するために毎時間5℃下げるために
56.744kw消費しているとして年間の電力量を計算する
  • 年間の冷房電力量を計算すると

    冷房を必要とするのは6~9月の4ヶ月間で1日当たり9時間冷房を使っているとして計算する

    年間の冷房使用時間は

    9時間/日×4ヶ月/年間=9時間/日×120日/年間=1080時間/年間

    年間冷房電力量は

    56.744kw×1080h/年間≒61283kwh/年間

  • 炭酸ガス削減量に換算すると

    日本の各発電時の炭酸ガス排出量は平均0.38kg/kwhだから

    61283kwh×0.38kg/kwh=23287.54kg≒23.3トン

  • 年間で約23.3トンのCO2を削減したことになる

    今までの実績では年間最大94000kwh削減できた記録があるので、最大で約35.7トンのCO2を削減できたことになる